読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
書いとかないと忘れちゃう。




NIKE FREEを2年ほど履いた感想について

安売りのときに衝動買いしたNIKE FREE(ナイキ フリー) 。
購入してから2年ほど経ちますが、まだ現役です。 

これまでの走行距離はおおよそ500kmほど。
履く頻度はそのときの気分で週3履くときもあれば2週間で1回ほどということもあります。
1日あたりの走行距離はだいたいいつも6kmです。
11月~3月中旬の間は寒いし、場合によっては積雪があるので一切履きません(走りません)。

これらの前提を踏まえ、いくつか思うところを重要度の低い順に述べようと思います。

 

ソールに石が挟まる

ソールに深いスリットがたくさん入ってるので、ここに石が挟まります。
ただ、最初は石が挟まってることが気になるんですが、買ってから1週間ほど経ったらどうでもよくなりました。

 

ランニングシューズとして使うなら、靴下は履いたほうが良い

裸足感覚シューズという特性を考えると、本当は履かないほうがいいんだとは思います。
でも、靴下を履かずにランニングすると、以下のようなことが起こります。

  • インソールがヌメる
  • シューズが臭う
  • マメや靴ズレができることがある

まあ、見てわかるとおり全部足の汗が原因なんですけどね。
足汗を大量にかかない使用法(たとえば筋トレ用とか普段履きとか)であれば、靴下を履かないほうが快適だと思います。

靴下を履くことによって僕が感じるデメリットは

  • 裸足感覚が劣る
  • 履き心地がかなり窮屈になる

ことだと思いますが、履かないことによるデメリットと天秤にかけると、やはり履くべきだと思いますね。

これらを踏まえると、ランニングシューズとしての使用をメインに考えるのであれば、靴下を履いた状態で窮屈でないサイズ(+0.5~1.0cm)を選ぶのが正解だったなと感じています。

 

脚への刺激(ダメージ)は、確実にある

ビキッときます。
足首とか膝に。

走ることによる脚へのダメージって、2種類あると思うんです。
筋肉的なものと、関節的なものですね。

前者はいわゆる筋肉痛ですね。
これはよっぽど続けてダメージを蓄積しない限りは問題になることはありません。
(度が過ぎると肉離れとかになったりしますが)

ビキッとくるのは、後者ですね。
はっきり言って、こっちは結構やばいです。
故障に繋がるハードルが低い。

オフ期間を除けば、履く頻度は週1くらいが一番多かったと思います。
というのも、週2以上履くと後者のダメージを感じるからです。
またやっかいなことに、このダメージは走っている間は全く感じず、身体が一度冷えたあと急にきます。
僕の場合は主に足首と膝ですね。
普通に歩いているときに突然「痛っ」てなります。
同じ週2でも、中3日空けばなんら問題ありませんが、連続2日履くと確実にきますね。経験上。

 

このダメージは善か悪か

そもそもこれら裸足感覚シューズのコンセプトは、シューズによる過保護を取り去り、脚に普段使わないような刺激を与え、脚を鍛えることだったと思います。

ダメージはこの刺激の結果なので、これはマルです。
つまり善のダメージだと考えます。
このダメージが脚を鍛えるのです。たぶん。

ただし、これが原因で故障しては元も子もありません。
このダメージとうまく付き合う必要があるでしょう。

具体的な対策として考えられるのは、

  • いきなり頑張り過ぎない
  • 継続して頑張り過ぎない

ことで、徐々に脚を負担に慣らして(鍛えて)いくことだと思います。

また、少し別のアプローチになりますが、

  • ダメージをやわらげる走り方を身につける

ことも有効だと思われます。
(と、ごく最近気づきました)

これについてはよく言われるのがフォアフット走法で、僕もまさに今試行中です。

フォアフット走法
かかとからではなく、つま先(足の指の付け根)から着地する走り方。
つま先から着地してかかとを着く人と、かかとをつかない人がいるらしい。

まだはじめたばかり(継続2日)なのであまりはっきりしたことは言えませんが、すでにダメージ緩和の効果は実感しています。
というのも、2日連続でナイキフリーを履いてフォアフットで走ってみたのですが、ピキッと系の痛みは全くありません。

ただ、代わりにふくらはぎらへんがかなり強烈な筋肉痛に襲われています。
これはまさに、かかと着地のときは関節に直接かかっていた衝撃をふくらはぎの筋肉が吸収し、和らげている証拠だと思われます。
理屈からいえば足裏のアーチ(土踏まず)部分でも衝撃緩和が行われているはずですが、ここにはとくに異変は出ていません。
僕の足裏が強靭なためか、フォームに不具合があって足裏がうまく機能していないためかはわかりません。

結果としては、ダメージ緩和対策としてフォアフット走法はかなり有効だと思います。

 

結局、ナイキ フリーってどうなの

僕は、アリだと思います。
少なくとも、買って後悔はしてません。

でも、ちょっと高いですよね。
これ当時の定価だったら1万円くらいしますからね。

裸足感覚ってことはシューズとしての機能をすべて省いているわけなんだし、もっと安くしてくれてもいいのにって思います。
というか、裸足感覚シューズ履くならクロックスのパチもんでも履けばいいんじゃないかなって思ったりもします。
(実際履いて走ってみたら、意外に走れてビックリしました。ただ、ナイキフリー以上に疲れました)

まあ、裸足感覚シューズを履いたことないって人は、ナイキフリーでなくとも1回くらい買ってみてもいいんじゃないでしょうかね。
最近はいろんなメーカーから出てますし。履き心地もそれぞれ違うみたいですけど。

 

なんせ、僕は穴が空くまでまだしばらく履き続けます。