読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
書いとかないと忘れちゃう。




竹葉 能登純米:すっきりまろやか、きれいな甘い酒(数馬酒造・石川県鳳珠郡)

今回はいただきものです。 「竹葉 能登純米」なるお酒です。 竹葉(ちくは)は能登町宇出津の数馬酒造が醸す銘柄で、石川県(とくに能登)では比較的いろんなお店で見かける機会が多い部類だと思います。 これまで普通種レベルのお酒を何回か飲んだことがあ…

【酒評】遊穂 純米生原酒おりがらみ ゆうほのしろ:圧倒的な飲みやすさの発泡性濃醇新酒(御祖酒造:石川県羽咋市)

また遊穂きました。 遊穂に限らず、最近は御祖酒造のお酒がかなりお気に入りです。 今回買ったのは「ゆうほのしろ」。 「純米生原酒」「おりがらみ」の遊穂ですね。 この時期限定の販売とのこと。 ほら、また買うしかないやん。 能登半島の中程、UFOの町…

【酒評】宗玄 しぼりたて生原酒:とにかく濃厚な甘酸っぱさがクセになる季節限定新酒(宗玄酒造・石川県珠洲市)

石川県の酒であることを認知されているかはさておき、「宗玄」という銘柄の評価は他県でも高い(と僕は思っている)。 「宗玄」は長細い石川県の最先端、珠洲市にある宗玄酒造が醸す銘柄。 その宗玄酒造は県内でもトップクラスの大手蔵だが、その歴史は古く…

【随想】「菊姫 姫」について語る(菊姫合資会社・石川県白山市)

「菊姫 姫」が好きだ。 「菊姫 姫」は、石川県白山市の鶴来にある菊姫合資会社が醸す普通酒だ。 飲んだことがない人はまず一度飲むべきだと思う。 人生を損している。 最近よく耳にする、アルコール添加の是非を問う声 菊姫合資会社は間違いなく石川県を代表…

【酒評】遊穂 純米吟醸無ろ過生原酒:酸が絶妙な濃醇旨口酒の完成形(御祖酒造・石川県羽咋市)

先日飲んだ「ほまれ 純米無ろ過生原酒 しぼりたて新酒」ですっかり御祖酒造が僕の中の注目蔵元に浮上。 この「ほまれ」は4号瓶ゆえあっという間に飲みきってしまったので、次も御祖酒造で、しかも折角なので別銘柄を、ということで「遊穂」を飲んでみること…

【酒評】ほまれ 純米無ろ過生原酒 しぼりたて新酒:ぬる燗が美味すぎる酸旨辛酒(御祖酒造・石川県羽咋市)

「ほまれ」は石川県羽咋市にある御祖(みおや)酒造が醸す、どちらかと言うと地元消費を対象とした大衆酒だ。そもそも地元以外の店であまり見かけないが、見かけたとしても佳撰・上撰・本醸造の3銘柄ばかりですべて一升2,000円でお釣りがくる。 そんな…

【酒評】池月 うすにごり 本醸造(生):燗でパワフルな季節限定の酸渋生酒(鳥屋酒造・石川県中能登町)

石川県の中能登町にある小さな蔵元「鳥屋酒造株式会社」。ここでは「池月」というお酒を造っている。この「池月」、僕の好きな「福正宗」とは対照的に、普通のスーパー程度じゃ全然売ってない。石川県でもかなりマイナーな酒の部類だろう。そしてその池月の…

【酒評】天平 上撰:これが古酒か!と思い知らされる独特な風味に撃沈(布施酒造・石川県七尾市)

あまり知られていないが、七尾市には実は合資会社布施酒造店という蔵元がある。しかも商品のラインナップは、季節限定販売のあらばしりを除くと全てが古酒という尖りっぷり。 僕はこれまで古酒なるものを飲んだことがない。いっちょ試してみるか、となるのも…

【酒評】菊姫 にごり酒:冷酒も良いが燗でより美味い甘酸酒(菊姫合資会社・石川県白山市)

石川県を代表する蔵元「菊姫合資会社」が醸す「菊姫」。そんな菊姫のにごり酒を見つけた。 たまたま酒のやまやで見つけて買ったが、実はお目にかかったのははじめて。これって季節限定酒なのだろうか。菊姫のホームページを見てみると、普通に載ってた。 清…

【酒評】福正宗 金色のしずく 豊醇旨口:パッケージも味も濃くなった新商品(福光屋・石川県金沢市)

現在、すでにわが家の常備酒の地位を確立している福光屋の「福正宗 金色のしずく」。 先日、スーパーの酒売り場でなにやら新しいパッケージを発見。 「金色のしずく 豊醇旨口」だと? はじめて見た。こんなのがあったのか。いかにも「濃いです」っていうよう…

【酒評】福正宗 無濾過原酒 新酒しぼりたて:フレッシュかつ力強い味わい(福光屋・石川県金沢市)

僕の好きな言葉。 「無濾過」「生」「原酒」「しぼりたて」「純米」 わかってんだよね。福光屋は。 こんなのが売ってたから、すぐに買っちゃったよ。 やまやで1,058円(税込)。値段的にも、すごくとっつきやすいよね。 基本的に、ちょっと興味惹かれて…