書いとかないと忘れちゃう。




【随想】加賀鳶 極寒純米 無濾過・生が今年も発売したらしいこととか

現在、これを飲んでおります(飲んでおりました)。 遊穂の山おろし純米、ほんまに美味すぎです。 また空けてしまった。 もう何本買ってんろこれ。これで一升2,600円とかヤバすぎやろ絶対。 これは生酛づくりののポテンシャルが味わえる、万人にオスス…

若駒 辛口純米酒を飲む

この前なかやすで買ったやつですね。 -辛口純米酒 若駒- この酒はなかやす店内のPOPで一目惚れ。 この純米は酸もしっかりしていてシャープ。野太さを感じるごつい酒。かなり辛く感じるけどキレは悪くない。常温よし、温めてなおよし!2,160円(税込)−b…

七尾市の欧風食堂「épice」に行って満足した

えぇ、仰るとおり。この前似たような記事書いてましたよね。 七尾市ね。意外に良い店ありますよ。 今回行ったのは、七尾市和倉にある欧風食堂「épice(エピス)」。 わかりますよ。欧風食堂て何やねん、て言いたいんですよね。わかります。実際僕も「なんや…

今回のなかやすでの釣果

高岡に行ったので、なやかすに寄りました。 なかやすってどこって人、まさかいませんよね。「エスポアなかやす」ですよ。 高岡市にある泣く子も黙る酒屋さんですよ。 なかやすさんが運営している通販サイト:hokuriku-sake.com で、今回の釣果はこの2本。 …

七尾駅前のパトリアの中にあるカジマートで八海山が定価で売ってたので条件反射で購入した

またタイトルで全部伝えちゃいましたよ。 日本酒飲む人なら、八海山て絶対聞いたことありますよね。 もっと言えば八海山て聞いたら飲みたくなりますよね。 これには実は2パターンあって、 (1)八海山が美味しいって噂をよく聞くけど飲んだことない(2)…

ずっと前から迷ってたChromebook、ついに買うたったわい(ASUS C301SA)

ずっと前から気になってたんですよ、Chromebook。 もう現代人てね、スマホが便利すぎて、ほんでたいがいの人はスマホ依存症予備軍で、ほぼ24時間ネットにつながってるじゃないですか。(メールやLINEも含めると) スマホが便利すぎてね、実際パソコンいら…

【酒評】作 玄乃智:ザクとは違うのだよ、作(ざく)なのだよ(清水清三郎商店:三重県鈴鹿市)

仕事でたまーに東京に行くことがあります。 泊付きならわりかし自由な時間もあるんですけどね、どうしても日帰りのときがあるじゃないですか。朝早く家出て、日中めいいっぱい仕事して、かろうじて終電(新幹線)で帰ってくる、みたいな。 そういう出張って…

質・量・価格の全てを満たす奇跡の宿「石坂荘」(七尾市能登島町)

よくあるタイトルで結論言っちゃったパターンですね。 七尾市能登島町は祖母ヶ浦。 ここに石坂荘という民宿があります。 ものすごく良い宿です。 ほんまにめっちゃ良い宿なんです。 行ったことない人、損してますよ。 少なくとも能登在住で行ったことない人…

羽咋市のフレンチ「la clochette」へ行ったきた

羽咋市にあるフレンチレストラン「la clochette(ラ・クロシェット)」へ行ってきました。 この前のVILLA DELLA PACE(ヴィラ デラ パーチェ)に続き、能登の美味しそうな(ちょっと上等な)お店巡りをしております。 こちらのla clochetteの料理も美味しく…

七尾市のイタリアン「VILLA DELLA PACE」に行って感動した

2016年9月、石川県七尾市にオープンしたばかりのまだまだ新しいイタリアンのお店「VILLA DELLA PACE(ヴィラ デラ パーチェ)」に行ってきました。 正直言って、めちゃ美味しくて感動しました。 今日は詳しく書いてる時間がないので写真だけ。 また後日…

【酒評】遊穂 山おろし純米:美味いとしか言いようがない濃醇旨酒(御祖酒造:石川県羽咋市)

はい、遊穂です。 例の御祖(みおや)酒造のお酒ですね。 もうほんまに大好きですね、御祖酒造。 で、今回のこれは「山おろし純米」ですって!まあ、名前から察するに「山おろし」をするんでしょうね。要は「生酛造り」なんでしょう。 ※生酛造りについてはこ…

【酒評】黒帯 悠々 特別純米:燗がまろやかな旨酒(福光屋・石川県金沢市)

泣く子も黙る福光屋のお酒がまたわが家にやって来ましたよ。 今回は「黒帯」。 そもそも、福光屋の黒帯っていう銘柄、知ってます? 福光屋って言ったら「福正宗」、ちょっと知っている人なら「加賀鳶」、そういえば「風よ水よ人よ」っちゅーのも聞いたことあ…

竹葉 能登純米:すっきりまろやか、きれいな甘い酒(数馬酒造・石川県鳳珠郡)

今回はいただきものです。 「竹葉 能登純米」なるお酒です。 竹葉(ちくは)は能登町宇出津の数馬酒造が醸す銘柄で、石川県(とくに能登)では比較的いろんなお店で見かける機会が多い部類だと思います。 これまで普通種レベルのお酒を何回か飲んだことがあ…

【酒評】菊正宗 上撰 生酛 本醸造:普通に飲んで普通に美味い安定の晩酌酒(菊正宗酒造・兵庫県神戸市)

大手の酒きました。いわゆる灘の酒、菊正宗。 ちなみに、「灘の酒」っていうのは兵庫県の阪神間の海岸沿いで造られる酒のことです。この地域は酒造り適した水(宮水)と米(山田錦)に恵まれていることから、昔から日本酒の名産地として栄えてきました。この…

【随想】農口杜氏の復活についてわかっていること

完全に自分のための忘備録です。 農口杜氏(=農口尚彦氏)の復帰が平成29年1月26日(木)の朝日新聞朝刊で取り上げられていました。 はっきり言って超驚きです。 ぜひ飲んでみたいものですが、きっと引き合いが強いだろうし手に入るかはわかりませんね…

【酒評】遊穂 純米生原酒おりがらみ ゆうほのしろ:圧倒的な飲みやすさの発泡性濃醇新酒(御祖酒造:石川県羽咋市)

また遊穂きました。 遊穂に限らず、最近は御祖酒造のお酒がかなりお気に入りです。 今回買ったのは「ゆうほのしろ」。 「純米生原酒」「おりがらみ」の遊穂ですね。 この時期限定の販売とのこと。 ほら、また買うしかないやん。 能登半島の中程、UFOの町…

【酒評】太刀山 純米 無濾過生酒:不思議な味わいの酸っぱ旨辛口酒(吉江酒造・富山県砺波市)

たまに富山の酒を飲みます。 別に近所で買えるところがあるわけではなく、わざわざ1時間かけて高岡まで買いに行ってます。 「エスポアなかやす」という店で、ここはとても品揃えが良く、しかも銘柄のチョイスが秀逸です(僕的に)。 なかやすさんが運営して…

【酒評】宗玄 しぼりたて生原酒:とにかく濃厚な甘酸っぱさがクセになる季節限定新酒(宗玄酒造・石川県珠洲市)

石川県の酒であることを認知されているかはさておき、「宗玄」という銘柄の評価は他県でも高い(と僕は思っている)。 「宗玄」は長細い石川県の最先端、珠洲市にある宗玄酒造が醸す銘柄。 その宗玄酒造は県内でもトップクラスの大手蔵だが、その歴史は古く…

【酒評】満寿泉 純米:米の味をふくよかに感じる旨すっきり酒(桝田酒造店・富山県富山市)

富山県のコンビニやスーパーでものすごく良く見かける「満寿泉」。富山県富山市の桝田酒造店が醸す銘柄だ。 石川県でもちらほら見かけるし、富山の代表的な銘柄のひとつなんじゃないだろうか(と勝手に思っている)。一回くらい飲んでみたいなと思っていた。…

【随想】「菊姫 姫」について語る(菊姫合資会社・石川県白山市)

「菊姫 姫」が好きだ。 「菊姫 姫」は、石川県白山市の鶴来にある菊姫合資会社が醸す普通酒だ。 飲んだことがない人はまず一度飲むべきだと思う。 人生を損している。 最近よく耳にする、アルコール添加の是非を問う声 菊姫合資会社は間違いなく石川県を代表…

【酒評】遊穂 純米吟醸無ろ過生原酒:酸が絶妙な濃醇旨口酒の完成形(御祖酒造・石川県羽咋市)

先日飲んだ「ほまれ 純米無ろ過生原酒 しぼりたて新酒」ですっかり御祖酒造が僕の中の注目蔵元に浮上。 この「ほまれ」は4号瓶ゆえあっという間に飲みきってしまったので、次も御祖酒造で、しかも折角なので別銘柄を、ということで「遊穂」を飲んでみること…

【酒評】ほまれ 純米無ろ過生原酒 しぼりたて新酒:ぬる燗が美味すぎる酸旨辛酒(御祖酒造・石川県羽咋市)

「ほまれ」は石川県羽咋市にある御祖(みおや)酒造が醸す、どちらかと言うと地元消費を対象とした大衆酒だ。そもそも地元以外の店であまり見かけないが、見かけたとしても佳撰・上撰・本醸造の3銘柄ばかりですべて一升2,000円でお釣りがくる。 そんな…

【酒評】池月 うすにごり 本醸造(生):燗でパワフルな季節限定の酸渋生酒(鳥屋酒造・石川県中能登町)

石川県の中能登町にある小さな蔵元「鳥屋酒造株式会社」。ここでは「池月」というお酒を造っている。この「池月」、僕の好きな「福正宗」とは対照的に、普通のスーパー程度じゃ全然売ってない。石川県でもかなりマイナーな酒の部類だろう。そしてその池月の…

【酒評】天平 上撰:これが古酒か!と思い知らされる独特な風味に撃沈(布施酒造・石川県七尾市)

あまり知られていないが、七尾市には実は合資会社布施酒造店という蔵元がある。しかも商品のラインナップは、季節限定販売のあらばしりを除くと全てが古酒という尖りっぷり。 僕はこれまで古酒なるものを飲んだことがない。いっちょ試してみるか、となるのも…

【酒評】菊姫 にごり酒:冷酒も良いが燗でより美味い甘酸酒(菊姫合資会社・石川県白山市)

石川県を代表する蔵元「菊姫合資会社」が醸す「菊姫」。そんな菊姫のにごり酒を見つけた。 たまたま酒のやまやで見つけて買ったが、実はお目にかかったのははじめて。これって季節限定酒なのだろうか。菊姫のホームページを見てみると、普通に載ってた。 清…

【酒評】福正宗 金色のしずく 豊醇旨口:パッケージも味も濃くなった新商品(福光屋・石川県金沢市)

現在、すでにわが家の常備酒の地位を確立している福光屋の「福正宗 金色のしずく」。 先日、スーパーの酒売り場でなにやら新しいパッケージを発見。 「金色のしずく 豊醇旨口」だと? はじめて見た。こんなのがあったのか。いかにも「濃いです」っていうよう…

【酒評】福正宗 無濾過原酒 新酒しぼりたて:フレッシュかつ力強い味わい(福光屋・石川県金沢市)

僕の好きな言葉。 「無濾過」「生」「原酒」「しぼりたて」「純米」 わかってんだよね。福光屋は。 こんなのが売ってたから、すぐに買っちゃったよ。 やまやで1,058円(税込)。値段的にも、すごくとっつきやすいよね。 基本的に、ちょっと興味惹かれて…

福正宗 純米にごり酒 しろき:通年で味わえるフレッシュな微発泡にごり酒

たまにはこんなのも。 福光屋のにごり酒、「しろき」。 名前のとおり、白い。ただ、発泡性のにごり酒ではあるけど、生酒ではないとのこと。 「発泡性にごり酒」について福光屋には新酒時期(11~3月)限定の生酒タイプのにごり酒があります。しかし、生のに…

今日の晩酌-平成28年11月某日 その3(加賀鳶 極寒純米 辛口)

飲んだ。 いつもの業務スーパーで2,268円(税込)。純米であるということを考えれば安いくらいやけど福光屋であることを考えれば少し高いくらいの微妙な価格帯。 名前がいいですよね。極寒。おそらく冬のいっちばん寒いときに仕込んどるんでしょうけど…

福正宗 黒麹仕込 純米完熟辛口:黒麹仕込みによるクエン酸が効く爽酒(福光屋・石川県金沢市)

また福正宗キター。 黒麹仕込み 純米完熟辛口 なんかね、日本酒を黒麹で仕込んだのは福光屋がはじめてらしいですよ。 じゃあ他の数多のお酒は?っていうと、黄麹。 名前のとおり、黒麹というのは麹の色が黒い。 麹とは蒸した米に麹菌というカビを生やしたも…